Design

オリジナルユニフォームを製作する上で欠かせないフォントの基礎知識

オリジナルユニフォームを製作する上で欠かせないフォントの基礎知識

学校での体育祭や文化祭、サークル活動などで、オリジナルユニフォームがあると盛り上がります。また、会社のイベントなどでも大活躍します。オリジナルユニフォームは、ウェブサイトなどで注文することが出来ます。オリジナルユニフォームのデザインで欠かせないのが、ユニフォームに入れる文字のフォントです。フォントの基礎知識についてご紹介しましょう。

フォントを選ぶ時のポイント

ユニフォームに文字を入れる場合は、英字にするか、ひらがなや漢字にするかなどを決めましょう。文字によって使えるフォントも異なるので、使う文字決まればフォントも絞られるのではないでしょうか。さらに、ロゴを入れる配置や大きさも決めておきましょう。文字の大きさによって、フォントの印象が違ってきます。フォントは色や装飾によって印象が大きく違ってくるので、イメージするデザインを慎重に決めておくことが失敗しないコツです。

次に、フォントの基礎になるデザインを決めましょう。ユニフォームには一般的に、ゴシック体が使われています。ゴシック体は太字で存在感があるため、ユニフォームに入れると存在感があるためです。チーム名や名前を入れるのも、ゴシック体が多く使われています。スポーツのためのユニフォームに、一番よく使われているタイプです。大きくデザインすることでチーム名などをアピールしたり、チームの一体感を生み出すことも出来ます。

また、筆記体や装飾体などもあります。落ち着いた雰囲気のデザインにする場合は、こうしたフォントのものがお勧めです。曲線が多く、流れるようなデザインのために、全体のバランスを上品に仕上げる場合にもお勧めです。ユニフォームにイラストなどを入れたい場合や、文化祭などのイベントにぴったりのロゴに仕上がるのではないでしょうか。

フォントをデザインしましょう

フォントが決まったら、フォントに装飾を入れることでデザインの個性をよりアピールしてみましょう。最も基本的な装飾は、文字に縁取りを入れる方法です。異なる色合いの縁取りを入れることで、ロゴがより目立つようする方法です。チームカラーなどが決まっていれば、取り入れてみると統一感が出ます。

さらにフォントを目立たせたい場合は、影を入れると存在感が増します。影にもチームカラーを使うと、よりはっきりとした印象を持たせることが出来るのでお勧めです。また、縁取りと影の両方をデザインすると、それだけで目立つロゴがデザインできます。シンプルなオリジナルユニフォームを作成したい場合は、こうしたフォントを用いるだけでも十分です。しっかりと目立って、長く活用できるユニフォームにするには、こうした方法もお勧めです。

また、オリジナルの個性的なフォントを提案している会社もあります。イベントによってはユニフォームにオリジナルのイラストを入れたり、デザイン性を重視したものを作成することがあるのではないでしょうか。そうしたデザインにオリジナルのロゴをあわせると、個性をアピールすることが出来るので人気のようです。オリジナルのロゴは会社によって異なるので、相談した上で注文してみてはいかがでしょうか。

ユニフォームの注文サイトを見つけましょう

オリジナルのユニフォームに文字を入れる場合には、フォントがユニフォームのデザインを大きく左右します。フォントとは書体のことを指していて、文字のイメージを決める重要なポイントになります。そのため、オリジナルのユニフォームを作る場合にはフォントが重要になるので、イメージにあうぴったりのものを探してみてください。ユニフォームのデザインを決めてからフォントを選ぶことが、ぴったりのものを選ぶポイントです。デザインを決める場合は漠然とイメージするだけでなく、実際にパソコンや紙に描いてみると便利です。

また、オリジナルユニフォームを作る場合は、注文する会社の選定も慎重に行いましょう。多くの会社では、ウェブサイトでデザインを受け付けているので調べてみてください。注文の仕方や形式、さらに完成するまでの期間や納品の方法などが各社によって異なるので、そうした点にも目を向けてみてください。さらに、ユニフォームの素材やベースとなる色なども各社によって異なります。様々なサイトを見比べて、目的にあったサイトをいくつかチェックしておくと便利です。会社によっては決まったデザインを組み合わせるものから、注文に合わせて細かくデザインの調整を受け付けるものまで多様です。

基本的なフォントは、ユニフォームをデザインするウェブサイトで選ぶことが出来ます。注文する前に、イメージするフォントがあるかをあらかじめ確認しておきましょう。また、オリジナルユニフォームの注文を受け付ける会社によっては、個性的なフォントを用意してある場合もあるようです。好みのフォントを見つけたら、デザインを見直すのもいいかもしれません。

サイタスではフォントのサンプル一覧を見ながら好きなフォントを選ぶことができます!


ぴったりのフォントで個性的なオリジナルユニフォームを作りましょう

オリジナルユニフォームを作る場合は、フォントのデザインがイメージを大きく左右します。目的やイベントにあわせたフォントを探してみてください。フォントのデザインだけでも、個性をアピールすることが出来ます。自分の作りたいユニフォームにあわせて、ぴったりのフォントを選んでデザインしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. サッカーのユニフォームを作る際の注意点とコツ 【基本】サッカーのユニフォームを作る際の注意点とコツ

おすすめ記事

オリジナルウェアを作る時に使う生地おすすめ5選 オリジナルウェアを作る時にはどんな生地を使えばいい?おすすめ5選を紹介!

クラブやサークルなどでオリジナルウェアなどを製作する時に迷うのが、どの生地を使うのかということです…

NEWOPEN!eスポーツ専門セミオーダーサイト eスポーツ専門ゲーミングウェアのセミオーダーサイトがオープン!

このたび、PSYTUSからeスポーツ専門ゲーミングウェアのセミオーダーサイトがオープンいたしました…

ユニフォーム事例紹介Kanpai☆Orion様 サッカーユニフォーム製作|Kanpai☆Orion様|お客様の声

フルオーダーユニフォーム「サイタス」でサッカーユニフォームを製作されたチームKanpai☆Orio…

ユニフォームにもっとも最適な生地・素材ってどんなもの? ユニフォームにもっとも最適な生地・素材ってどんなもの?

スポーツの試合や日々のトレーニングに欠かせないユニフォーム。普段スポーツに使用するトレーニングシャ…

ブランケット製作事例 昇華ブランケット製作01|お客様の声

同人グッズ・ノベルティグッズ制作専門店「カラフル」で昇華ブランケットを製作されたS様よりご感想のお…

超特大!1400mm×1000mmのBIGサイズブランケット。最短翌日発送、全面デザイン可能

新着記事

  1. お客様の声|昇華ブランケット製作
  2. どっちが最適?昇華プリントとインクジェットプリントの違いとは
  3. NEWOPEN!eスポーツ専門セミオーダーサイト
来週末の大会までに作りたい!eスポーツ専用ユニフォーム製作
どっちが最適?昇華プリントとインクジェットプリントの違いとは
  1. ブランケット製作事例
  2. ユニフォームにもっとも最適な生地・素材ってどんなもの?
  3. サッカーのユニフォームを作る際の注意点とコツ
  4. オリジナルユニフォームを製作する上で欠かせないフォントの基礎知識
  5. eスポーツには欠かせない?チームの専用ウェアとは
  6. ブランケット製作事例
PAGE TOP